映画試写会
3月公開予定の映画「約束の地に咲く花」のプレミア試写会@渋谷ウィメンズプラザ。
この映画のサントラを担当してました。初のサントラ制作は、何とアクション(笑)
c0006305_13352448.jpg

主演は、ライダー龍騎やってた須賀貴匡さんと、三津谷葉子さん。
本編中、提出したほとんど音がそのまま採用されていたので、びっくり!
(MAには、立ち会っていないので、どんな感じで音が編集されているかちょっと心配でした)
ストーリーや脚本、編集などは別として、シーンによっては、要所要所バッチリと音が
合ってる部分もあったので、自分的にはある程度合格点。

詳しくは、後日また連絡します!
[PR]
# by takumainokuchi | 2007-01-20 13:53 | Comments(0)
音を書くことで
ズシーンと風邪気味です。
毎年毎年、1月2週目はいつもこうなんだよなぁ。
c0006305_15552667.jpg

アレンジにもやもやしてたので、とにかく楽譜にしてみた。
手書きで、黙々と譜を書いていると、
自分の作った曲が、だんだん形になっていくのが分かってきて、
時間本当にかかるけれど、ピアノを弾く前の気持ちに整理ができる。

PCで音楽作る時は、とにかくいろんな音がガチャガチャ鳴っているので、
黙々と作業はしているんだけど、実は黙々感がない。
耳がキーンとするぐらいの朝に近い深夜の静けさの中で、
黙々と譜面を書きながら自問自答する作業は、
実は気持ちをグッと引き締める大事な時間なんだなと実感。

音を書くことで、色んな雑音が消える。
おちついて、おちついて。
[PR]
# by takumainokuchi | 2007-01-12 15:56 | Comments(0)
バランス
集中して1曲アレンジ。
「サリーガーデンズ」という、アイルランドのトラディショナル。
(ナント美月さんからの初リクエスト!)
若さゆえの愚かさを悔い、涙する男の歌詞と、
本当にシンプルでせつなーいメロがグッとくる。
c0006305_2395126.jpg

色々考えてた事が消化されるように、妙に早いまとまりをみせる。
心はちょっと波立っているはずのに、作ってる音は果てしなく穏やか。
人間はバランスで生きていることを、今日も実感した。
意識しない部分に、バランスが働くんだろうな。
うーん、早く録ってみたい!
次の1/19@SPUMAライブでも演奏予定です、こうご期待。

NHK「プラネットアース」第8集。
毎回欠かさず見てます、今回は北極&南極がテーマ。
生き物中心で、ちょっと期待を裏切られたけれど、
巨大な氷山の空撮や、動くオーロラ、宇宙から南極映像には、心が揺れた。
何せ1カット1カットが贅沢すぎる!↓NHKより拝借。
c0006305_2451054.jpg

「プラネットアース」は、NHKとBBCが五年の歳月をかけて制作した大自然ドキュメンタリー。
毎回、撮影の裏側も放送するんだけど、そっちの方がアツい。
1年も南極に暮らして、風速150kmの吹雪の中でペンギン撮影するシーンとか、
本当に迫力があった。
(フィリップグラスの「コヤニスカッティ」シリーズも大好きです)

来週14日は、ジャングルだそうでお見逃しなく!
[PR]
# by takumainokuchi | 2007-01-09 02:47 | Comments(0)
出会い
1年で一番人と出会うのが、僕はこの12月。
毎年12月はほとんどまともに制作せず、
とにかく人と会って話をする機会が極端に増える時期。

でもそれが来年へつながる大きな一歩。
今はその時期なんだなって、素直に思える。
今まで音楽を続けてきて、また音楽だけじゃない違う経験もしてきて、
結局それは正しかったんだなと思える瞬間もある。

音楽を作る時に生まれるネガティヴな気持ちや、衝動、誘惑。
そういうものを癒してくれるのは、結局"誰かに理解してもらえること"なんだろうな。
僕は寂しい人間なので、特にそれが強いはず。
音楽を通じて、いろんな人と心を通わせていきたい。

気持ちのいい人、気品あふれる人と出会うと、本当にうれしくなる。
そういう人達に囲まれて仕事ができるように日頃から心がけなければな。
すべての出会いに、本当にありがとう。
明日の出会いのために、もっと自分らしく。

吉松隆の「プレイアデス舞曲集」が心に染みる。
今日は、ゆっくり何もしないで、色々今年を振り返る時間にしようと思っています。


PS:
久々にカセット聞きたくなって、ヨドバシでカセットプレイヤー買って来た。
¥1800なり、安い。
c0006305_1714563.jpg

[PR]
# by takumainokuchi | 2006-12-30 14:40 | Comments(2)
今年最後のレコ
年内最後のレコ。
今年もいろいろ作ったけど、やっぱり来年に残したい曲はキチンとまとめておきたくて、
無理言って「PROMISED LAND」の美月さんボーカルを再レコ。
美月さんは、僕がわがままを言える本当に数少ないアーティストの一人です。

c0006305_16472687.jpg


去年の「ALIVE」も本当に試行錯誤しながら、最終的にあのバージョンになったけど、
本当にこの曲も色々試しながら、やっと当初目標としていたところにたどりつけた気がする。
今MIX中ですが、前回よりは格段に良くなった。(と思う)

1曲だけでもいいから、ゆっくりでもいいから、
本当に長い時間をかけて納得のいくものを残したいと思う気持ちは、大切にしたい。
[PR]
# by takumainokuchi | 2006-12-19 16:47 | Comments(0)
タウンミーティング
久々に母校慶大へ。

僕が在学当時から関わっている「ヒヨシエイジ」の(噂の)タウンミーティング。
学生だけでなく、教員、役所、地域、商店街など、日吉をとりまく多種多様な方々を囲んで、
地域活性についてのプレゼンや、意見交換をする場でした。

c0006305_2145423.jpg


やっぱり初めは、年代も違うので気を使ったり、
全く知らない人通しでいきなりグループディスカッションをするわけですから、
(僕も含めて)少し構えていらした方も多かったというのが第一印象。
が、やっぱり誰かが口火を切ると、一気に皆さん会話がはずむ!

c0006305_21451224.jpg


銀杏並木でお茶飲みたい。
守衛さんが威圧感あって入りづらい。
誰でも入れるオープンなフードコードが欲しい。
花火は定着しつつある。

などなど、細かいけれど他にも運営サイドからは気付かないような点を
いろいろ発見する機会になった。
その雑談の中で、
「花火のイベントで数千人が集まった様子を見て、改めて地域を意識することができた。」
という言葉を、住民の方からいただき、少し心がグッときた。

それは3年前、僕がヒヨシエイジを立ち上げた時の"一番"のコンセプトだったから。
あの時考えたり、動いたことは、決して自分のためだけでなく、
きちんと社会のためにも有意義なことだっただなと改めて実感できた。

それもこれもヒヨシエイジ運営に全力を注いでくれている後輩や、教職員、地域の方の
結束あってこそ。それは自分としても本当にうれしいし、
関わる人も皆そう感じてもらえたら、いい街になっていくんだなと思っています。

今度は、自分の住んでる街ですな。
[PR]
# by takumainokuchi | 2006-12-16 21:46 | Comments(0)
石の蔵
宇都宮にある「石の蔵」へお邪魔してきました。
この「石の蔵」、その名の通り昔倉庫として使われていた大谷石の蔵を改装した
創作和食のダイニングなのですが、ポイントなのは、
その外観からは想像もできなような内装のデザイン。

c0006305_425648.jpg


様々な現代のアーティストの方によって手がけられた洗練された斬新さと、
本当にスキのないこだわりように、さすが話題になるなと唸るばかりでした。
ひょんなきっかけからこの場所のオーナーとよくお話させていただき、今回の訪問へ。

本当に隠れ家的な場所、品のある空間、石というどこか神秘的な響き。
宇都宮へ立ち寄る際は、是非非日常を体験してみてください!

石の蔵
[PR]
# by takumainokuchi | 2006-12-12 04:26 | Comments(0)