関東学院大学にて
関東学院大学の「映像・メディア技術演習」という講座でゲスト講義を行いました。

磯貝日月 先生からのご依頼で、最初は僕で大丈夫かなと若干不安でしたが、

結果的には色んな気づきがあるとても有意義な一日でした。



前半は、BGMやサウンドスケープ、サウンドブランディングという

自分の仕事紹介で、後半は、学生の映像作品プレゼンに

「こうするともっとよくなる」視点でコメントする形式。


c0006305_12195975.jpg


僕も映像作家ではないし、決して映像作家を育成するゼミではないので、

具体的な技術を細かく教えるよりも、映像制作を通して、

一体何を伝えたいか、どうしたら上手く伝えられるか、

そのためにはどんな姿勢でプレゼンするか、

そしてこの延長線上に社会で必要なことがあるよというポイントで、

講義を進めました。


c0006305_12200767.jpg

気持ちは学生全員に真剣に向き合いたいけれど、

限られた時間の中であること、そして学生側の温度感や空気感もあるので、

こちらの一方的な熱意だけでは、

決して授業は成り立たないんだなぁと改めて感じます。

人を魅き込む力や、説得力のある言葉をもっと磨いていきたい。

学生さんの心に何かほんの1つでも残ってくれたらなぁと思うばかり!






_

[PR]
by takumainokuchi | 2017-07-21 12:25 | Comments(0)
<< 『Sunshine Lagoo... 横浜スパークリングトワイライト >>